ノヴィルタクシーサービス

0120-818-194(ハイヤーイクヨ)

088-631-7210(お四国 八十八)

ホーム > NTSスタッフの八十八カ所 [逆打ち] 日記

2012年9月29日土曜日

いよいよ!四国四県の最終章ーーー!


6/22(金)晴天なり
7番~1番までまいります。近くにあるのでお昼からまわりました。徳島市内から十楽寺のある土成町までは車で約1時間くらいです。
駐車場につきまず目を引きますのがこの鐘楼門
朱に白のコントラストが美しい!日本ぽくない感じしません?

7番十楽寺本堂
極楽浄土の十の楽しみを得られるようにと
十楽寺と名付けられたそうです。
この本堂左手側には眼病や失明に霊験があるという
寺眼疾目救歳地蔵尊が祀られています。視力が悪い
私も一応お参りしてまいりました。


鐘楼門から本堂への入口に立っております。この愛染堂
中に入ることができます。左右に階段がついてます。
 堂内はこんな感じです。  →

恋愛を司る仏様『愛染明王』

6番安楽寺本堂
本堂前に建立された金剛宝拝殿
欄干には弘法大師の一代記が彫刻されています。
ここはこの地を訪れた弘法大師が湯治のご利益を
伝えたとされる全国でも珍しいお寺です。
安楽寺大師堂とその右側は多宝塔
 この多宝塔の中には「五智如来」が祀られています。
密教の5つの知恵に(法界体性智、大円鏡智、平等性智、妙観察智、成所作智)5体の如来をあてはめたものだそうです。
5体の如来とは、大日如来、阿悶如来、宝生如来、観自在王如来、不空成就如来 


 

”さかまつ”     →

修行中の空海を猟師が猪と間違え矢を放ったが矢は松に刺さって空海は事なきを得た。そこで空海は射抜かれて折れた松を逆さに植え、この松が栄えたならこの地を訪れたものは厄災を免れるだろうと予言したという言い伝えがあるらしいです。
 



このイチョウの木は立派じゃないでしょうか?
大きな銀杏の木でしょう。大体のお寺様には、種類は色々ですが大きな巨木が必ずと言ってイイ程植えられています。この銀杏の木、秋の紅葉シーズンになれば黄金色に輝いてくるんでしょうねぇ~只 イチョウっていうと?“ぎんなん” ぎんなん=臭う ってなりませんか?茶わん蒸しに入っているのは美味しいんですけどぉ・・・・ 
 
4番大日寺 山門
朱色が目を引きます。
山門を抜けると正面が本堂。
境内にはアジサイの花が綺麗に咲いていました。
4番大日寺 本堂
右側に見えるのが大師堂
本堂から大師堂に続く回廊には33体の木造観音像が
安置されています。



3番金泉寺 仁王門
こちらも朱色が目を引く仁王門です。



「弁慶の力石」
源義経が讃岐国屋島へ向かう途中立ち寄った
このお寺で戦勝祈願をした際、家来の弁慶が
自らの力を披露するために持ち上げたといわれる
石だそうです。


金泉寺にあるこの黄金地蔵尊、その昔弘法大師が水不足に悩む住民のために井戸を掘った所霊水が湧き出て来たことから、寺の名前になったとの由来があるそうで、又この井戸を覗き込み水面に姿が映れば長生きし、映らなければ3年以内に死んでしまうという伝えがあるそうです。私も覗き込んでみました。無事映ってました(^^)v
  
龍が剣を抱いている像です。
私には「子を抱きかかえる母」の
ように見え気になったので一枚撮りました。

ちょっとここら辺休憩。残り2ケ寺は次のページで・・・・・・・・さてさて本当の最終章は・・・・